介護施設の選び方

2021.10.19

介護施設にもいろいろ種類があり、制度上でも複雑です。また、サービス付き高齢者向け住宅や住宅型有料老人ホームのような、元来介護を目的としていない施設でも、介護サービスを充実させることで看取りまで対応できるものもあり、専門であるケアマネジャーさんも「どこがいいの?」と聞かれてもなかなか答えるのが難しいものです。ここでは介護決めるにあたり、その考え方について述べていきます。

介護度による条件

老人ホーム等の入居に際し、介護度により入居の可否が定められているものもあります。

・自立の方

介護が必要ない「自立」と判断されている方が入居できるのは介護保険法に基づく施設ではないサービス付き高齢者向け住宅や住宅型有料老人ホームが主になります。ただしどちらも施設の運営方針により「要支援・要介護の方のみOK」と謳っているところがあるので注意が必要です。また、ケアハウスも自立を対象としているものがありますが、入居希望者が多く、入居までに時間を要す場合が多いと言えます。

・要支援・要介護の方

要支援、要介護の方を対象としている施設は数多くありますが、特別養護老人ホームは介護保険制度以前よりあるため、いわゆる「老人ホーム」といった場合、これをイメージする方も多いと思います。しかし、特別養護老人ホームはその料金の安さから、希望する方最も多く、現在は「要介護3」以上の重い介護度で無いと原則的に入居できないと、法令で定められています。また、認知症の専門施設であるグループホームは要支援2以上の介護を要する方と定められ、また、医師による認知症の診断の他、施設と同一市町村に住民票があることが求められています。

なお、介護老人保健施設は自宅での生活に戻るリハビリのための施設、介護医療院は医療的ケアが継続して必要な方の為の療養のための施設であり、どちらも「日々の生活」のための施設ではないため、入所においてはそれぞれリハビリや療養の必要性が求められます。

このように考えると要支援・要介護の方で比較的入居の条件の幅が広いのが介護付有料老人ホームやサービス付き高齢者向け住宅と言えます。

予算

入居の条件とともに重要なのが入居時や月々の費用です。

費用だけで考えれば特別養護老人ホームやケアハウスなどが負担の小さい施設となりますが、いずれも希望者が多く、すぐに入居という訳にはいきません。次いで費用負担の小さなグループホームは入居に認知症などの条件が付いてきます。

最も費用の幅が大きいのが有料老人ホームとサービス付き高齢者向け住宅だと言えます。有料老人ホームは介護付、住宅型、健康型など種類はありますが、施設の運営方針により

基本料金が10万円程度の比較的低価格のものから、入居一時金が億単位のものまで、あらゆるタイプのものがあります。一概に高額のほうがサービスのレベルが高いとは言い切れませんが、高額の施設のほうが食事やイベントなどで手厚いサービスを受けることができる場合が多いです。

有料老人ホームやサ高住は予算に応じて選ぶことができますが、一つだけ注意が必要です。それは、老人ホーム紹介サイトや施設のホームページで紹介されている金額はあくまでも基本料金となるものだという点です。介護サービスの利用料や紙おむつ代、日用品の他にも医療費やイベント参加費などの費用が含まれていない点に注意しなければなりません。これらの費用は入居者個人によりその取扱いが異なるため、広告上は「○〇〇円」と表記することが難しいためです。

そのため、施設見学の際や問い合わせ時にはその施設の入居者への請求額の平均や相場を確認しておくことをお勧めします。この機ノン料金以外の費用は「思っていたよりも高かった」というミスマッチが発生しやすい部分となるため、特に費用を抑えたいとお考えの方は確認しておいた方が良いでしょう。

自宅や住み慣れた地域、家族の生活圏内がオススメ

施設を選ぶ時に大事なことの一つとして立地があります。お勧めしたいのは、入居者の住み慣れた地域か、ご家族の生活圏域です。住み慣れた地域は知り合いや風景などに馴染みがあることで、気持ちが落ち着きます。またご家族の生活圏域であれば施設に頻繁に顔を出すこともできるので安心です。以前の老人ホームは比較的土地の安い山間や海辺に立地し、世間から隔離されているかのような施設も多くありましたが、最近は社会の中で生活していることの重要性を加味し、住宅立地となっている施設も多くみられます。住み慣れたご自宅やご家族の「近くである」ということは、施設入居に際しての心理的ハードルを大きく下げる要因の一つとも言えます。

スタッフの対応

施設を選ぶ時には事前に見学することを勧めていますが、その際のポイントとしてスタッフの対応を確認することをお勧めしています。一番分かり易いのが挨拶です。見学中に職員とすれ違うこともありますが、その際きちんと挨拶する施設はその指導がきちんと成されています。また、職員の声のかけ方や入居者様との関係性が会話の様子から分かります。認知症で少しおかしなことを話されている方に対しても丁寧に話しかけているような施設であれば、ご家族様を任せても安心であると言えます。

施設の手入れがなされているか

施設見学の際にもう一点確認してほしいのが、施設の手入れの状況です。介護業界は他の業界に比べ人手不足の状況が深刻です。そのような状況下でも清掃がきちんとされている施設では、入居者様に対しても丁寧な対応ができている傾向が強いと言えます。4S活動(整理・整頓・清潔・清掃)がきちんと行われていることは、その施設のサービスの質を把握するには、分かり易いポイントだと言えます。

施設を選ぶには

介護施設を選ぶには必ず施設見学することをお勧めしています。中には病院から退院を迫られ、よく分からないまま決めてしまう方もいますが、分からないからこそ、きちんと話を聞くようにしてください。入居期間中は施設とご家族様との信頼関係が非常に重要となります。「必要なことをきちんと聞ける」「必要なことをきちんと説明してくれる」ことが信頼関係には重要です。分からないことを聞いたときにきちんとした説明をしてくれる施設こそ、信頼に値し、大切なご家族様を任せられる施設ではないかと私は考えます。