施設見学のススメ

2021.10.12

介護施設がその方に合うかはホームページやパンフレットで見ただけでは十分に伝わりません。スタッフの対応や雰囲気を、実際に見学することで判断してください。また、可能であれば入居者本人にご覧いただき納得いただくことが、入居の話をスムーズに進めるポイントとなります。

自分の目で確かめることが間違いない

施設の広さや雰囲気は実際に目にし、肌で感じることが間違いないと言えます。思っていたよりも広い・狭い、明るい、暗いといった他にも聞こえてくる音や施設までのアクセスなどの感覚は実際に足を運んでみた方がハッキリとします。また、入居されている方たちの表情や状態も、入居される方に合うか判断するポイントの一つとなります。住まわれている方たちに笑顔が見られるか、職員との関係が良好であるかなどは実際に目にされるのが間違いありません。

見学時の対応で施設の善し悪しが分かる

施設の善し悪しは見学時の対応で判断できると言えます。入居者と話をしている職員の話し方でも分かります。その職員の個性や入居者との関係性にもよりますが、

・入居者に対し敬意を払った対応をしているか

・変に馴れ馴れしくしすぎていないか

といったポイントは非常に重要だと言えます。施設職員は入居者に対し、人生の先輩であり敬意を払うべき存在であると共に、時には家族のように振る舞うような関係性が求められます。また、認知症の方への対応として「否定しない」ことは認知症ケアの基本と言えます。見学時の入居者と職員の関係を見ることで、これらの違和感がないことは大切なポイントだと言えます。

意思決定ができるうちに施設を知っておく

可能であれば入居者がきちんと意思決定をできるうちに施設見学しておくことをお勧めします。施設見学会を開くと介護相談のない参加者の多くは女性で、「将来に備えて見ておきたい」という話を聞きます。女性の方が長寿で、ご主人に先立たれた後にと考えている方が多いようです。また、終活のプログラムでも介護施設見学は人気があるとのこと。認知症になると自分の意志でいろいろと決めることは難しくなります。自身や家族が自宅での生活をすることが難しくなった時、自分がどのような介護を受けたいか、どのような環境で生活したいかを考え、納得できる施設を決めておくことは大切だと言えます。

ハートライフはオンラインでも施設見学できます

有料老人ホーム_静岡

プレミアムハートライフ、ハートライフの施設見学はオンラインでもできます。ご自宅にいながらPC,タブレット、スマホでもご覧いただけます。利用の方法は様々、ご自宅で施設を見たり話を聞いたりすることはもちろん、遠方のご家族様がオンラインで参加一緒にすることもできるので一層安心です。