2021.10.1
アクタガワの介護

大規模災害に備えた体制

アクタガワではプレミアムハートライフ開設した翌年の2010年より大規模災害に備えた体制の準備に着手。2011年2月に静岡県信用保証協会が定めるBCP特別保証を県内介護事業者として初めて取得しました。地震や洪水などの災害時であっても入居者様、職員共に安心して生活できる体制をさらに充実させるため、現在も様々な取り組みを行っています。

  • 備蓄品の確保

  •  
  • 有料老人ホーム_浜松

非常災害時に備え食料、飲料水や発電機だけではなくマスクや予防着なども備蓄されています。新型コロナウイルス発生時のマスク不足が騒がれた際も、備蓄品として確保されていたため職員に配布することができました。

  • PCR検査装置を導入したコロナ感染対策

  • コロナ対策

日本国内において、新型コロナウイルスの感染拡大が続く中、アクタガワでは2020年2月より新型コロナウイルス対策本部を設置し、感染予防および事業継承について様々な対策を講じております。本社および各施設では感染症対策の様々な取り組みが行われるとともに、PCR検査装置を導入し、迅速な検査・感染を拡大させない体制を整えました。あわせて抗原検査の実施体制を整え、感染対策を徹底しています。

ーアクタガワの新型コロナウイルス対策について

  • 全職員が登録する安否確認システム

  • 有料老人ホーム_浜松

全職員は携帯電話の安否確認システムに登録しています。大規模地震が発生した際は自動的に全職員の安否確認のメールを送付、職員の安否を確認するとともに、お客様、職員の安全確保に向けた指示を出せるシステムで、日常的にはゲリラ豪雨等の注意喚起等にも活用しています。

  • ハザードマップに基づく開設計画

アクタガワの全施設は開発時、ハザードマップにおいて安全だと確認されている地域で開設されています。防災訓練では夜間の避難も想定して行われるなど、安全確保に努めています。

  • 災害発動型保証予約システム

東日本大震災では震災後の事業再開に向けた融資を希望する事業者が銀行に殺到したため、融資が受けられず事業再開を断念した事業者が多数ありました。アクタガワでは静岡県信用保証協会による災害発動型保証予約システム(BCP特別保証)を導入しており、激甚災害発生後も事業継続することが可能となっており、お客様にも安心いただける体制となっています。